?? 編集後記(あとがき)文例2|社史・記念誌の参考文例集|社史編纂・記念誌制作|自費出版-社史・記念誌、個人出版の牧歌舎

自費出版-社史・記念誌、個人出版の牧歌舎

社史編纂・記念誌制作

社史・記念誌の参考文例集

編集後記

 当社の生い立ち、過去を知る資料は戦後間もなく当社の元常務取締役であった故M氏が執筆された創業者の伝記が残っているのみで、以後今日まで社史を編纂する機会がありませんでした。そこで創業90周年を迎えるにあたり、記念事業として社史をまとめようということになりました。
 さて90年の歴史をまとめるためには膨大な資料が必要です。しかし戦災のため昔の書類は一部を除いで焼失しており、戦前の事情をご存じの方もほとんどおられない状況からの出発でした。そんな中で人いに参考にさせていただいたのが先述の創業者伝記です。また当時の写真なども先輩諸氏のご遺族などから拝借し、併せて会社に残っていた数少ない資料を利用して、創業時から昭和20年代半ばまでは何とか埋めることができました。
 昭和27年に経常陣が替わり伊藤忠商事株式会社の関係会社になってからについても、決算書(営業報告書)の他にはこれといった資料が残っていないため、先輩方にいろいろお助けいただいたものの、資料不足は否めない状態でした。特に、過去に当社が生産した商品やブランド品関係の資料が少なく苦労しました。
 しかし、当社の戦後成長期に若手として活躍され、その後長く経営に携わられたT元専務に毎月の編纂委員会にご足労をいただき、また近年の状況についてはM元専務にもご登壇願い、ようやくまとめ上げることができました。ご多忙の中温かいご協力を賜りました両氏に心からお礼を申し上げます。
 また、貴重な資料提供やご助言を賜りました多くの先輩諸氏に、改めてお礼を申し上げます。
 社史制作中には昔の資料ばかりでなく近年の資料も紛失していることが判明し、やはり節目節目の資料、新ブランドや新しい商品などは残しておく仕組みをつくっておかなければならないと反省もしております。
 内容については厳重にチェックを重ね、総力を挙げて編纂に取り組み、万全を期したつもりではありますが、書き足りぬ点、調査の尽くさぬ点もあろうかと存じます。何卒ご容赦の上、『100年史』に向けての資料・情報をお寄せいただければ幸いです。
 90年の歴史を振り返り、先人のご苦労に感謝するとともに、現役世代としては学ぶべき考え方や教訓を経営に生かして、将来の発展につなげていかなければと決意を新たにする次第です。そして永遠の繁栄を願い、編集後記とするものであります。

平成○年○月 90年史編纂委員会