127. 経営者向きということ|牧歌舎随々録|エッセイ倶楽部|自費出版-社史・記念誌、個人出版の牧歌舎

自費出版-社史・記念誌、個人出版の牧歌舎

エッセイ倶楽部

牧歌舎随々録(牧歌舎主人の古い日記より)

127. 経営者向きということ

 ある人が事業経営に向いた性格であるかどうかどうかは、たとえばこんなことでわかる。何かの専門家である友人に謝礼を払ってその専門である仕事をしてもらう場合、友人だから(より気を遣って念入りな仕事をしてくれるだろうから)世間相場よりいくばくか多目の謝礼を払おうと考える人と、友人なのだから安くしてもらおう、できればタダにしてもらおうと考える人がいる。どちらが事業家向きかはいうまでもないだろう。

2000.02.18