自費出版-社史・記念誌、個人出版の牧歌舎

エッセイ倶楽部

牧歌舎随々録(牧歌舎主人の古い日記より)

144.

文章を書くには「気負い」が必要である。よく「肩の力を抜け」などというが、余分な力みは別として、何かしら心に期した「気負い」がなければ文章を書くというエネルギッシュな作業はできないはずである。

2001.03.14