自費出版-社史・記念誌、個人出版の牧歌舎

HOME > 刊行書籍 > 書店流通型出版作品

刊行書籍

既刊・近刊のご紹介

 
マスコミと学校教育で洗脳された一般常識を疑え!
仲谷 博司
ISBN:  978-4434240829 / 2017年11月発売 / 2700 円(税込)


あらゆる分野は相互にリンクしている。思考に行き詰まったときは、歴史と経過を辿れ。輪廻転生とカルマの法則は無血の革命理論となる。存在できるものは「権力への意志」という「意識」のみである。人間とは「自分が死すべきもの」と知った者のことをいう。人間の生きる目的は、意識の位階に応じて異なる。手段を目的と誤解するのが人間の常である。…政治・宗教・哲学・歴史からSEXまで世の中のあらゆる一般常識を斬る!

衝突の一般論―「重さを与える機構による発電」温暖化及び環境対策に対応した即効性のある発電システム
松永 宗男
ISBN:  978-4434202087 / 2017年10月発売 / 3780 円(税込)


最先端の物理学理論の獣王に駆使した注目のエネルギーシステム論。 本当の保存則とは何かを示す。

星嬉短歌集〈5〉
星 嬉
ISBN: 978-4434235283 / 2017年10月発売 / 1080 円(税込)


漢字、ひらがな、カタカナの三十一音で詠む短歌千首。漢字は、音読・訓読の好きな読み方で表しているため、三十一音で構成されている。萬葉仮名の手法も執りいれる。巻末に「萬葉仮名」の一漢字一音の漢字をあいうえお順に記載。

水産試験場綾試験地とリュウキュウアユ
中川 豊
ISBN: 978-4434233838 / 2017年6月発売 / 1080 円(税込)


一属一種しかないとされていたアユに亜種の「リュウキュウアユ」がいた。昭和53年に採取されたのを最後に沖縄から姿を消したリュウキュウアユが沖縄の河川に再び戻ってきた。淡水魚の試験研究にかかわってきた著者とリュウキュウアユの出合い。そのリュウキュウアユの種苗生産に取り組んだ水産研究者たちの物語。

学校を強くする
辻村 政志
ISBN: 978-4434231902 / 2017年6月発売 / 1728 円(税込)


県教委との裁判(地裁・高裁)を乗り越えて世に問う。学校を変えてみませんか、子どもたちのために―山口県の県立学校で長年教鞭をとった著者が自戒とともに綴る、渾身の教育論!

安倍政権総括
高橋 彬
ISBN: 978-4434233227 / 2017年6月発売 / 1080 円(税込)


第1章 世界は今、国民“誑かし"時代に/第2章 戦前日本正当化の「戦後七〇年安倍談話」/第3章 “自衛権"は今や妄想の餌/第4章 「日本を取り戻す」とは結局何だったのか/第5章 冷戦体制のまたとない“申し子"/第6章 現代の反革命に何をもって立ち向かうか

艦隊は動かず
中川 秀彦 (著), 門間 丈晃 (編集)
ISBN: 978-4434232794 / 2017年6月発売 / 1728 円(税込)


なぜ日本海軍は、当時世界最強といわれたバルチック艦隊を撃破することができたのか? 世界を驚かせたその裏側では、日本を救うために多くの名もないベトナム人が関わっていた。 武器をもたない村人たちが企てた、ロシア・フランス海軍を欺く痛快な反逆劇! 教科書では語られることのなかった史実を、ホーチミン市在住の著者が小説化する。

句集 かたこと―旅人
宗本 智之
ISBN: 978-4434231896 / 2017年6月発売 / 1000 円(税込)


待望の第二句集!難病で寝たきりの生活の中、独自の境地を詠い上げる作者の、第一句集出版から三年間の作句の集大成。五千を超える句の中から厳選した本句集は、作句した年月別に朝日俳壇入選句・投句句、ブログ「一日一句」の掲載句、さらには未投句、未発表句を羅列。

樺太、永遠なる大地
工藤 敏行
ISBN: 978-4434232640 / 2017年5月発売 / 2160 円(税込)


昭和20年8月 ソ連の侵攻で樺太は悲惨な戦場と化した! 驚くべきことに、樺太の多くの悲劇は8月15日以降に発生したのだ 日本人が知っておくべき樺太の史実が本書にある

 


 牧歌舎から発行された「書店流通型出版作品」はインターネット書店および全国書店でお買い求めいただけます。書店で品切れの場合はその書店に注文されるか、インターネット書店でお買い求めください。