自費出版-社史・記念誌、個人出版の牧歌舎

HOME > お知らせ > 東日本大震災犠牲者の方 慰霊の歌 第二作 「月見草ですか」(付:「ウフフのうた」)

お知らせ

東日本大震災犠牲者の方 慰霊の歌第二作「月見草ですか」
(付:「ウフフのうた」)

 oneboyさんの「東日本大震災犠牲者の方 慰霊の歌」第二作「月見草ですか」。震災で失われた多くの恋を思って作ったとのこと。亡くなった女性が一夜限りの幻となって男性のもとに帰って来る。月見草でない花を「月を見てるから月見草よ」と彼女が言ったので、彼が「その通りだね」と笑って応えた思い出のひとコマが再現する――という設定です。



一、

月見草ですか この花は
いえいえ それはオミナエシ
でも 月を見ていますもの
それなら それが月見草


二、

名知らぬ花に 名を付けて
心通わす いじらしさ
でも 夢を見ていますもの
ひと夜の影絵の 消えるまで


月見草ですか


(操作スイッチが表示されない場合は画面上部のバーをクリックしてアクティブコンテンツを実行してください。楽譜は楽譜(PDF)で印刷可。)

 スイッチをクリックすると曲が流れます。

 なお、今回、oneboyさんから「ウフフのうた」という新曲も送られてきています。こちらは「いつまでも仲睦まじい夫婦の歌」というサブタイトル以外説明がありません。コミカルな歌詞ですが、曲はしみじみとした感じのものです。震災に遭わなければ、こんな仲の良い夫婦が出来ていただろう、という気持ちで作られたものかもしれません。

ウフフのうた


歌詞は下記のとおり。楽譜は楽譜(PDF)で印刷可。)



ウフフのうた(いつまでも仲睦まじい夫婦の歌)

あなたがウフフと笑うのは
アンパン二つに分けたとき
あなたがシクシク泣くときは
アンパン一つも買えぬ時


あなたがウフフと笑うのは
ウサギがアクビしてるとき
あなたがシクシク泣くときは
小さなアジサイ枯れた時


あなたがウフフと笑うのは
小さな貯金が出来た時
あなたがシクシク泣くときは
大きな借金出来た時


あなたがウフフと笑うのは
私が肉じゃがほめた時
あなたがシクシク泣くときは
私がおこげを食べぬ時


あなたがウフフと笑うのは
私が夢を語る時
あなたがシクシク泣くときは
私がヤケ酒呑んだ時


あなたがウフフと笑うのは
二人で白髪になった時
あなたがシクシク泣かぬよに
一つのお墓に入りましょ