141. 歴史|牧歌舎随々録|エッセイ倶楽部|自費出版-社史・記念誌、個人出版の牧歌舎

自費出版-社史・記念誌、個人出版の牧歌舎

エッセイ倶楽部

牧歌舎随々録(牧歌舎主人の古い日記より)

141. 歴史

 歴史は人間にばかりあるのではない。森羅万象ことごとくが歴史である。
 物質それ自体にドラマがある。物質が1万年なんの変化もなくそこにあったとしても、1万年なんの変化もなかったというドラマがそこにある。また、何らかの変化もあり得たというドラマがある。
 およそ、無の世界でないかぎり、あらゆる場所、あらゆるものに歴史がある。それを歴史と見る者は人間である。それを歴史と見る者がいる限り、それは歴史なのである。

2000.08.27